Uncategorized

現役女子大生といやらしいバトロワゲー感想など

更新日:

「現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー」の感想。

 

 

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー2話感想

アイテムをゲットする代わりに、
エロい水着に着替えさせられたゆうか。

ブルブルおっぱいを揺らして、
そのままフィールドを走り回るのです。

 

ゆうかの背後からはゲームの仲間の男たちが、
揺れるおっぱいと、パンツからハミ出してる大きなケツを眺めていました。

 

しかも、
それだけでは済むはずはなく、
現役女子大生18歳ゆうかの
エロいカラダをじっくりとムービーで撮影までしているのです。

 

どんなにエロい言葉を言われても、

「この人たちは、バトロワゲー上級者なんだ」

 

そう思うと、
男たちのセクハラを無視することも出来ないのでした。

 

場所を移動するために
マップに止まっていた車に乗り込むゆうかたち。

3人のチーターたち。

そこでゆうかは、

「こんなんでゲームできると思う?」

勃起したチ〇ポを舐める事を見せられてしまうのです。

 

「そんなこと言われても・・・」

彼氏がいるし、
肉体的な浮気なんてできないゆうか。

 

なのに、

非常に恥ずかしい行為を

命令されてしまうのでした・・・

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー3話感想など

「このアイテムがあったら・・・」

「ゆうかちゃん、絶対にドン勝出来ると思うんだけどな!」

 

ゆうかのエロい体を見ながら、
チ〇ポが勃起してしまっていた仲間の男。

 

左手でハンドルを握り、
右手はズボンのチャックへ。

そのまま
勃起しているチ〇ポを出し、

ゆうかに見せつけるのでした。

 

「早くしまってください!」

 

言葉だけじゃなく、
視覚でもセクハラされてしまったゆうか。

 

なのに、男は

「舐めてよ」

とお願いしてくるのでした。

 

「こうなったのは、あんたのせいでもあるんだよ!」

 

自分勝手な事を言い、
ゆうかを困らせてくるのです。

 

「そんなこと言われても・・・」

さっき会ったばかりの男のチ〇コなんて
絶対に舐めたくない現役女子大生ゆうか。

でも、

「ドン勝したい・・・」

「絶対に誰にも言わないで秘密にしてくれるなら・・・」

 

バトロワゲーの魅力に
取りつかれてしまってるゆうかは、

男の要求をのみ、

チ〇ポを口に咥えてしまうのでした・・・

 

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー4話ネタバレ

「おっ・・・」

「おおおおおっっっ!」

 

男の要求に従い、
助手席からチ〇コを舐めてしまった彼氏持ちのゆうか。

「ここまでしたんだから勝ちたい!」

勝利への執念は、
結果的に彼氏を裏切ってしまうのでした・・・

「おおきい・・・」

彼氏とは比べ物にならないサイズのチンコ。

なのに、
一生懸命に舐め続けてしまうのです。

 

でも、
男たちのセクハラが

ここで終わるはずもなく・・・

 

ゆうかは無断で

チンコを挿入されてしまうのでした・・・

 

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー5話感想など

「おいおい、この女の子、精子を全部飲んじゃったよ!」

舐めるだけだったはずだったのに、
勝手に出されてしまった白い液体。

ティッシュも無い状態で、
車の中に吐き出す事も出来なかったゆうか。

仕方なく、
ゴクンと全部飲んでしまったのでした。

 

目的地に到着すると、
残り2人のチンコまで咥えさせられてしまったゆうか。

「やべっ・・・気持ちいいっ・・・」

 

現役女子大生のフ〇ラチオは、
今までクラブでナンパした女の子とは違い、

とても気持ち良くて、
あっという間に射精してしまうのでした。

 

その時、
ゆうかの周りには、

敵チームの戦士が複数人、いました。

 

「やばい隠れろ!」

バトロワゲーのリーダーに言われ、
急いで隠れるゆうかと、さっきまでチンコを咥えさせていた男。

隠れた拍子に
ゆうかの上に男は乗っていました。

「早くどけてください」

お願いしても、
男のチンコはゆうかのお尻に当たっていました。

「はやくっ・・・」

いくらゆうかがお願いしても、

「あっ・・・きもちいいっ・・・」

男はゆうかの上からどける気配は一切なく、
そのままお尻にチンコをコスりつづけているのです。

 

「やめてくださいっ!」

口では舐めてあげたけど、
チンコを挿れることは絶対にさせたくないゆうか。

 

なのに男は

気持ち良いのを我慢出来ずに、

許可もなく、
ゆうかのアソコの中に

チンコを挿入してしまうのでした!

 

もっと詳しい「現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー」のネタバレはこちらで紹介しています。

現役女子大生といやらしいバトロワゲーネタバレ

 

「やっぱり触ってくるな・・・」

マップへ移動する為に
ヘリに乗った現役女子大生ゆうかと3人の仲間の男たち。

数分前に会ったばかりだというのに、
「仲間になった男たち」は
ゆうかの太ももをさりげなく触ってくるのです。

まだバトロワゲーを覚えてから
期間が短い女子大生のゆうか。

楽しみにしていたこの日
ゆうかがサバゲーで同じチームになったのは、

どう見ても、
チャラくて、ゲームには興味が無さそうな男たち3人。

「初心者ですけど頑張ります」
「今日はよろしくお願いします!」

丁寧に挨拶をしても、
仲間になった男たちは、

「オッパイでかいねー」

ゆうかのカラダにしか興味が無いのです。

 

ヘリから降下し、マップに降りてる途中、

スカイダイビングをしている時に、

ぶるんぶるん

揺れるてしまうゆうかのLカップの巨乳と、柔らかくてブルブル揺れている大きなお尻。

 

ステージに降り、
武器を見つけたゆうか。

でも、
その武器の能力を最大限に発揮する
弾を見つけることが出来ないのです。

「どうしよう・・・」
「あのアイテムが欲しいな・・・」

そう思ってる時、
ゆうかの仲間が手に持っていたのは、

どうしても欲しかったアイテム。

「このアイテムが欲しいなら、
エロ過ぎる水着に着替えよ」

バトロワゲーには絶対に不要と思える水着に着替えさせられてしまうのでした・・・

 

-Uncategorized

Copyright© 現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー【ネタバレまとめ】 , 2019 All Rights Reserved.