現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー
全話ネタバレ中!

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー-スマホ

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲーあらすじ

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー-あらすじ

バトロワゲーにハマってしまった現役女子大生ゆうか。

ドン勝した快感が忘れられず、
授業が無い時はゲームに参加。

バトロワゲーを
純粋に楽しみたかっただけなのに、

女の子のカラダ目的でゲームに参加しているチーターに
カラダを奪われてしまう!

 

彼氏よりも大きなアソコを持つ男達にゲーム中、何度もイカされてしまったゆうか。

「もうやめなきゃ・・・」

と思っていても、
男たちのデカチンとテクニック快楽が忘れられず、

何度もセ〇クスを繰り返してしまう!

タイトル 現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー
サークル 青水庵
価格 86円
配信話 3話
配信元 BookLiveコミック
備考 女子大生/巨乳/複数

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー登場人物

ゆうか

  • 女子大生
  • 18歳
  • 彼氏アリ
  • セ〇クスの経験はそれなりにある
  • 保育士を目指している

サバゲーで知り合った男

  • チャラい
  • サバゲーで知り合った女性を食い物にしている
  • チ〇ポがデカイ
  • セ〇クスが異常に上手い

ゆうかの友達

  • サバゲーにハマっている
  • 下手

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲーネタバレ

「現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー」を各話ごとにネタバレしています。

→すぐに無料立ち読みと本編を読む方はこちら

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー1話ネタバレ

101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

 

「ドン勝したいな・・・」

「バトロワゲーの魅力って凄いな・・・」

最近、サバゲーとバトロワゲーを覚えたゆうか。

今年の春に高校を卒業。
まだ女子大生になったばかりの18歳の女の子。

保育士を目指して大学に入ったけど、今まで勉強ばかりしていたせいで、ネトゲにハマってしまっていたのです。

 

休みを使って、バトロワゲーのイベントにやって来たゆうか。

ゆうかが仲間になる男たちは、
いかにも「バトロワゲー上級者。

でも、
今までに経験した事のないセクハラを受けてしまうのです。

 

「初心者ですが、よろしくお願いします」

 

仲間の足を引っ張る事なんて出来ない。

私が頑張らなきゃ・・・

 

丁寧にあいさつをしたのに、
ゆうかの仲間たちが気になってるのは

見たこともない巨乳と
大きなお尻を持つ
ゆうかのエロいカラダ。

 

推定Lカップの巨乳と

短パンからハミ出してるお尻に

目を奪われているのです。

 

ゆうかと仲間たちは
同じ飛行機に乗り、
目的地に向かっていきます。

ヘリの中でも相変わらずのセクハラ攻撃。

太ももを触られたり、
上半身を密着させられたりしているのです。

「こういうの困ります・・・」

抵抗していも、

「この子を逃すわけにはいかない!」

と思ってるバトロワゲー上級者たちは、

ゆうかにもっと大胆なセクハラを繰り返していく!

 


「アンタのエロいカラダのせいで、ゲームに集中出来ないよ!」

と言われてしまったゆうか。

「舐めて出してよ!」

と言われて、至近距離から
チ〇ポを見せられてしまう・・・

 

現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
1話タイトル
「恥ずかしいけど勝つためなら・・・」
過激セクハラに流される女子大生

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー2話ネタバレ

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー-2話ネタバレ

車の中でチ〇ポを咥えてしまったゆうか。

「すげーうまいっ・・・」

「でるっ・・・」

ゆうかの口の中に、
精子を発射してしまったのです・・・

 

「うっ・・・」

「あついし、この量、多いっ・・・」

 

口の中に、今まで発射された経験のない量の精子を出されてしまったゆうか。

息が出来なくて、
苦しくなってしまうのです。

外に吐き出すという選択ではなく、

「飲まなきゃ・・・」

と思って、彼氏ではない男の精子を飲んでしまったのです。

 

目的地に到着してゲームをプレイしないといけないのに、

残った2人のチ〇ポまで
咥えさせられてしまうのでした。

 

「おっぱい揉ませてくれたっていいじゃん!」

 

おっぱいを揉まれるのは拒否していたゆうか。

 

でも、

「もう3人のチ〇ポを咥えてるのに何言ってるの?」

 

この春、
女子大生になったばかりの普通の女の子。

「男たちの言ってる事は正しいのかも・・・」

と思い、

フ〇ラをしながら

おっぱいまで揉まれてしまう!


「現役女子大生といやらしいバトロワゲー」2話の後半では、

絶対に阻止しないとイケナイと思っていたマ〇コまで危険な目に・・・

 

現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
2話タイトル
「巨根ってこんな奥まで入るの?」
ゲーム中にチャラ男のを
ハメられて

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー3話ネタバレ

101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

 

「敵に見つかっちゃう・・・」

「でも、アソコにおちんちんが・・・」

 

バトロワゲーのプレイ中、
男たちのチ〇ポを舐めていたゆうか。

周りを敵に囲まれてしまうのです。

 

上手く隠れたけど、
さっきまで舐めていた勃起中のチ〇ポが
アソコに当たっていたのでした。

 

逃げなくてはいけない。

敵を倒さなければいけない。

バトロワゲーでどうしても勝ちたくて参加したのに、こんな所で負けたくない・・・

でも、ここから動いたら、見つかってしまう・・・

 

頭の中で葛藤と戦っている中、

「もう我慢できないっ!」

ゆうかのお尻にチ〇ポを当てていた男。

 

ヌルヌルに濡れていた
現役女子大生のオマ〇コに

勝手にチ〇ポを挿れてしまったのです!

 

挿入された瞬間、

「だめぇっ!!」

声を出して抵抗するゆうか。

 

でも、
時すでに遅く、

男はピストンをどんどん加速させていくのです。

 

「やばい・・・」
「ダメなのにきもちいい・・・」

 

バトロワゲーの仲間とはいえ、

さっき会ったばかりの男に
マ〇コまで使われてしまったゆうか。

 

絶望に襲われながらも

デカいチ〇ポを挿れられて、

イカされてしまう!


ゆうかのオマ〇コが気持ち良くて、
男は無断で中出ししてしまいます。

 

現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
3話タイトル
「彼氏以外のでイっちゃった」
最低チ〇コで
中に出されても抗えず

現役女子大生といやらしいバトロワゲー4話ネタバレ

101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

 

「こんな事・・・」

「女の子にしてもいい行為じゃないっ!!」

 

仰向けでベッドに横になり、1人目のチ〇ポを挿入。

2人目はゆうかの口に咥えさせ、
窒息しそうになるまで奥まで突っ込んでいたのです。

 

「ゆうかちゃんってさ・・・」

「男よりもエロい妄想ばっかしてるんでしょ?」

 

心の中で

「自分は普通の女子大生なのに・・・」

と思っているゆうか。

 

でも、
ゆうかのチームの男たちは、

毎日バトロワゲーに参加するゆうかは

エロくてセ〇クス大好きな女の子

と思っているのです。

 

彼氏がいるのに・・・
高校を卒業したばかりなのに・・・

そう思ってるのはゆうかだけ。

 

男たちは中出ししたあとも

二穴同時でゆうかを攻め続け、

まだ10代のゆうかに

知らなかった快楽を教え込んでいく!!

 

現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
4話タイトル
「それから私は毎日のように・・・」
チャラ男たちに
オ〇ホのように扱われ

現役女子大生といやらしいバトロワゲー 5話ネタバレ

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー-2話ネタバレ

 

「え?アイツら何やってんの?」

「もしかして、ゲーム中にセ〇クスしてんのか?」

 

セ〇クスと敵に夢中で、

自分のセ〇クスしている姿を撮影されてしまったなんて気づかなかったゆうか。

 

SNSで拡散されてしまった数日後、

「やばい・・・」

「これ・・・」

「私だ・・・」

自分の性行為中の写真を見つけてしまうのでした。

 

「特定班よろ!」

 

美人な現役女子大生がバトロワゲー中に4Pしている

という事で
SNSでの拡散は止まることはなく、

次第にゆうかの友達にまで
噂は知れ渡ってしまうのです。

 

ゲームでドン勝する快感を
味わいたかっただけなのに、

普通の女子大生には戻れないピンチに襲われてしまう!

 

現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
5話タイトル
「次で・・・次でやめよう」
そう思ってるのに
デカちんセ〇クスの快楽に溺れて

現役女子大生といやらしいバトロワゲー 6話ネタバレ

101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

 

バトロワゲー開始前なのに、
他のプレイヤーの前で全裸にされてしまったゆうか。

 

「やめてくださいっ・・・」

 

小さな声で抵抗しても、

 

「なに、今さらお嬢様ぶってるの?」

「もっと乱れて、見られたいんでしょ?」

 

バトロワゲーの仲間たちは、
ゆうかの本当の気持ちを代弁するのでした。

 

男たちに言われて、
すっかり抵抗する気持ちは無くなってしまったゆうか。

 

マ〇コに指を入れられ、

プシャーっ・・・

思いっきり潮を吹いてしまうのです。

 

イカされてる姿なんて
他の男に見せたくなかったゆうかですが、

上手すぎる手マンのせいで

派手にイってしまったのでした。

 

大勢の男性に自分のハダカを見られ

性行為中の姿まで撮影されてしまい、

今まで大事に守ってきた何かが破壊したゆうか。

 

今までの人生では

感じれなかった快楽を知ってしまう!

 

現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
6話タイトル
「ゲームなんてどうでも・・・」
すべてを捨てて
チ〇コに服従したスケベメス

 

無料立ち読みと本編はこちらから
現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
♡画像をタップ♡
101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲを無料で読む方法

「現役女子大生と、いやらしいバトロワゲ」を無料で読む方法は現在、
「公式サイトの無料立ち読みをする」
という方法しかありません。

(アップロードサイトにも、存在していませんでした)

なので、
BookLiveコミックの無料立ち読みか、FANZAで画像を数枚見てみて、

ゆうかちゃんがどんな感じで寝取られてしまうのか?

楽しんでくださいね。

101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用
(本編にはこんなシーンが盛りだくさんです)

現役女子大生と、いやらしいバトロワゲ感想

「現役女子大生と、いやらしいバトロワゲ」を最新話まで読んで、

サバゲーとかバトロワゲーをやりたくなってしまいましたヾ(*´∀‘*)ノ

 

チートをする行為はまじめにゲームを楽しんでいる人からすると、非常に憎い存在の男たち3人。

ですが、

「たったチートをするだけ」

で、あんなにカワイイ女の子とあんなにいやらしい行為が出来るなら、

「チートをしてチーターになったっていいんじゃないの?」

って考えてしまいます。
(真面目にゲームをしている方、すいません)

 

「現役女子大生と、いやらしいバトロワゲ」で1番可哀想なのは、ゆうかの彼氏。

彼女を寝取られた上に、
性癖まで変えられてしまいました。

(ネット上にゆうかちゃんの裸までアップされてしまいました)

 

「趣味がバトロワゲーじゃなかった」
というのが原因だとは思いますが、

あんなにカワイイ彼女をゲームで失ってしまったのは、非常に悲しいですね・・・。

 

無料立ち読みと本編はこちらから
現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
♡画像をタップ♡
101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

現役女子大生といやらしいバトロワゲー 見どころ

「現役女子大生といやらしいバトロワゲー」には、たくさんの見どころがあったと思います。

最初はエロいシーンは少なかったですが、回を増していくごとにどんどん過激になっていきました。

1話では、

男たちの見てる前で、ビキニに着替えるのが恥ずかしすぎたゆうかちゃん。

 

でも
2話になると、

勃起しているチ〇ポを見せられて、
「自分のせいでこの人たち・・・」
って思って、フ〇ラ♪

1人目を舐めたせいで、
残りの2人のチ〇ポを舐めてしまいます。

 

3話では、

マ〇コをぱっくり開かれて全部見られてしまったり、

チ〇ポを入れられて、白目を剥いてイってしまったり・・・

 

4話では、

挿入されながら喉奥まで咥えさせられて、失神しそうになってしまったり・・・

 

5話では、

セ〇クスしている姿を撮影されてSNSで拡散。

「もうやめなきゃ・・・」
と思ってるのに、気持ち良いのを止めれる訳もなく・・・

 

6話では

みんなが見てる前で堂々の潮吹き。

ゆうかの中で”何か”が壊れてしまい、
もう真面目な女子大生でなくてもいい!

って精神が崩壊してしまう!

 

バトロワゲーでドン勝する快感に溺れてしまった現役女子大生が、堕ちていく様子は見てるだけで興奮してしまいます☆

 

無料立ち読みと本編はこちらから
現役女子大生と
いやらしいバトロワゲー
♡画像をタップ♡
101043150_BookLiveコミック【AC】現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー※スマホ専用

最後まで
「現役女子大生といやらしいバトロワゲー」のネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!

更新日:

Copyright© 現役女子大生と、いやらしいバトロワゲー【ネタバレまとめ】 , 2018 All Rights Reserved.